Contents

2019年9月26日17:47

オーロラリベンジ! 冬のカナダへオーロラ旅行 4日目【カナダ(ホワイトホース)】

旅行 英語 海外旅行
オーロラリベンジ! 冬のカナダへオーロラ旅行 4日目【カナダ(ホワイトホース)】



前回の記事:オーロラ旅行 3日目
前々回の記事:オーロラ旅行 2日目
その前の記事:オーロラ旅行 1日目


いよいよ、ホワイトホースに丸一日滞在できるのはこの日が最後です。
前日突然の体調不良に見舞われた私は、果たして回復したのでしょうか。
また、オーロラは見れたのでしょうか。
ドキドキワクワクのホワイトホース4日目がスタートです。

朝、目が覚めて


昨日までの体調不良が嘘のように、ほとんど回復していました。
気持ち悪さや頭痛もなく、少し体がだるいような感じがする程度でした。
やはり脱水症状だったのでしょうか。

この日の日中は街を散策し、お土産を買ったり写真を撮ったりとやり残したことがないようにするための日にしていました。

現在は廃線となっていますが、かつてゴールドラッシュの時代などに使われていた線路を撮ったり、町を歩いて思い出に残るような動画を撮ったり、端の方まで散策したりしました。

train

これがその廃線された線路と倉庫です。
雪の積もった中に線路がありなんだか幻想的な風景でした。

昼食は「 Burnt Toast Cafe 」にて


この日の昼食は「 Burnt Toast Cafe 」で食べることになりました。
このカフェは、現地ツアーガイドにもおすすめされた店でしたし、ウェブでホワイトホースのカフェ・レストランを検索したときになかなか良さそうだと思っていたカフェです。

少し小さ目な店ですが、中に入ると十分なスペースがありました。
地元の人に人気らしく、たくさんの人で埋め尽くされていまいた。
どうやら、地元の人はブランチのようなかんじで食べることを目的に来ているようでした。

私はエルク(ホワイトホースあたりの鹿)のウインナーの定食みたいなものを注文しました。
味付けは日本の醤油のように塩辛いものではなく、少し甘さを感じつつも塩気もあるようなもので、不思議な味でしたがおいしかったです。

同行者はエッグベネディクトを頼んでいました。
ハーフサイズにもかかわらずこのボリュームでした。

egg-benedict

卵が2個もあり、全体的にたくさんありました。
味は間違いなくおいしいとのことでしたが、やはり量が多いことが考えられるので注文するときは自分のお腹の空き具合と相談しましょう。
ちなみに、「 Please, to go bag! 」などとお願いすれば持ち帰り用の入れ物をもらうことができます。

同行者はホテルに持って帰って後から食べていました。

食後は無料サービスのコーヒーを飲んでゆっくりしたあと、午後の散策に向かいました。

午後の散策


午後の散策も、引き続き町をぶらぶらしました。
午後は Burnt Toast Cafe とは逆方向となる町の南の方を目指しました。

fake-building

これらは一見パステルカラーの建物群のように見えますが、実はだまし絵になっています。
現実には壁の裏側だったり通用口があるところです。
小さな遊び心ですがこういったものがあると散策が面白く思えます。

poster

他にも電柱にポスターが貼られていて催し物が宣伝されているなど、町を散策するといろいろな発見があります。

この日の日中は-10℃くらいで、滞在した中では一番寒かったです。
ホテルに戻って夜ご飯まで休憩しました。

夕食は「 Antoinette's Restaurant 」にて


夕食は、「 Antoinette's Restaurant 」で食べました。
ホワイトホースに行く前に調べておいたレストランです。
カリブ海料理やカナダ料理などが食べられる店で、雰囲気も良さげなところだと思っていました。

実際に訪れてみると、想像以上に雰囲気が良く、店員のサービスもばっちりでした。
少し暗めな照明で、ゆったりご飯を食べることができます。

肝心の料理ですが、サーモンのソテーやスペアリブなどボリューミーかつおいしいものでした。
野菜もカラフルなものが使われており、見た目もすごく良かったです。

salmon

同行者はビールが好きなので地元ユーコンのビールを飲んでいました。
4種類あったのですが、ゴールドとレッドという2種類を選んでいました。

beer

味が違って、さっぱり飲めるものとコクがあるものとあり、ビール好きにはたまらなかったようです。

最後のオーロラチャレンジ


いよいよオーロラチャレンジも最後です。
同行者は前日にオーロラを見れているので旅行の目的を達成していますが、私は未達成です。
なんと、オーロラ天気予報によると滞在中でこの日が一番オーロラの活動が活発とのことでした。

最後にもなると準備をスムーズでさっとツアーのバスに乗り込んで観賞地点へ向かいます。

前日の脱水症状による体調不良でこの旅のトラブルは終わりかと思ったそこのあなた、まだトラブルはありましたよ(笑)。

ユーコンハイウェイを走行中、前方に車が停まっていました。
どうやら渋滞のようです。
しかし、この時期のユーコンハイウェイは交通量が多くなく、渋滞になることはなさそうでした。
しかも、23時くらいと深夜なのでなおさらです。

原因は事故車で、事故車が道を塞いでしまっていたので撤去するまで道を走れませんでした。
町からもだいぶ離れてしまっているのでなかなかレッカー車が到着しませんでした。
結局、1時間くらいその場に待機し、オーロラ観賞ポイントに着いたのは0時を回っていました。

せっかくオーロラの活動が活発と予報でしたが、遅れてしまったせいで見れるのか不安になっていました。
着いてみると、そんな不安も必要なかったくらい曇っていました(笑)。

天気予報ではそこそこ晴れるという予報だったにもかかわらず、雲がかなり厚く空を覆っています。
しかし、ユーコンの雲は流れていくことが多いとのことなので、最後こそ諦めずに見ていました。

途中、雲がわずかに流れたときに、北のすごく遠いところが晴れているのが見えました。
なんとなく緑がかって見えたのでカメラで写真を撮ってみると、写真でも北の端のほうが緑に見えました。

その後、再び雲が厚くかかってしまい、タイムアップでした。
一応、自分の目でもオーロラは見ることができたと言っても良いような気がしますが、3日目に同行者が撮ったオーロラが見れれば良かったです。

次回の内容


オーロラがなんとか見れた!?後は、ホテルに戻って寝ました。
翌日は昼過ぎにホワイトホースを出発し、バンクーバーへ行きます。
少しの観光とただの移動日になってしまいますが、ご了承ください。
更に次々回の記事では、バンクーバーには丸一日滞在した観光の様子をお届けします。

jtb
↑JTBがおすすめです。