Contents

2019年12月24日8:43

オーロラを見に冬の北欧へ! 卒業旅行 in 北欧 6日目【ノルウェー(トロムセー)】

旅行 英語 海外旅行
オーロラを見に冬の北欧へ! 卒業旅行 in 北欧 6日目【ノルウェー(トロムセー)】



この記事では、北欧旅行の6日目、トロムセーの3日目を紹介します。
丸一日滞在するのももうこの日が最後です。
前日までとは違う方面を観光しつつ、最後のオーロラチャレンジに勝負を賭けていきます。

トロムセー大学・ミュージアム


stone

これまではホテルから見て、町の対岸だったり北東の方だったりに行っていましたが、この日は南西の方にあるトロムセー大学のミュージアムに行きました。
バスで行くことができるようでしたが、散策も楽しむために歩いて話しながら向かいました。

ここには、生きている生物、サーミの暮らし、オーロラ、北極圏の生物についての展示がありました。
そんなに規模が大きいわけではないものの、じっくり見ると3時間くらいはかかりそうだと思いました。

中には他にも観光客がおり、子供たちもたくさんいました。
子供たちが遊べる展示もあり、観光にはちょうど良さそうでした。

私たちが行ったこの日は日曜日だったため、あいにく学生食堂や図書館などが締まっていましたが、もし空いている日に行ったのであれば大学の雰囲気を楽しめると思います。
敷地内を十分に満喫してから、一度ホテルに戻りました。

各自ばらばらに町の散策


実は、トロムセーでの昼ご飯はコンビニ的なところで買うホットドッグで済ませていました。
昼からレストランで外食をするには全体的に料金が高めなことと、夜にしっかりと食事を食べたいことが理由です。

ホットドッグはその当時で500円くらいで、しかもおいしかったです。
昼からしっかりと食べなくても良い人はコンビニで買う程度でじゅうぶんかもしれません。

この日の午後はトロムセー滞在の最終日ということもあり、各自がばらばらに町を散策することになりました。
私はお土産を買うためにショッピングモールに行ったり、思い出にするために靴を買ったり、本を持ってカフェに行ってゆっくりコーヒーを飲みながら本を読んだりと、トロムセーの町を満喫することができました。

他の人たちはぼーっと港に泊まる船を眺めたり、町をひたすらぶらぶらしたり、同じようにお土産を買ったりとそれぞれ満喫したようでした。

夕食はまたまたエゴンにて


最終日くらい違うレストランで食事をしようという話もあったのですが、日曜日の夜は開いているレストランが限りなく少なかったです。
そんなトロムセーでも、僕たちのエゴンは開いていました!(笑)

流れるようなスムーズさで注文して食事を食べていると、同行者が怪訝な顔をしていました。
なんと、ラップのようなものが食事に入っていたのです。
たまたま入ってしまっただけだとは思いますが、店員を呼んで伝えたところ、リーダーっぽい女性が奥から現れて、笑顔で皿を持って行ってしまいました。

その後待っていると、新しく作り直したその料理を持って来ました。
その同行者は半分以上食べ終わっていた状態でラップに気づき、また新しい料理が出てきてしまったのでなんとかがんばって全部食べていました。

食べ終わった後、「こんなことならラップは隠しておけば良かった」と笑っていました。
こんなちょっとしたハプニングも旅の最中は思い出になって良いものです。

ご飯をたらふく食べた後は、いよいよ最後になってしまったオーロラ観賞にチャレンジしました。

最後のオーロラチャレンジ


オーロラにチャレンジできるのも今回が最後となりました。
これまでにも増して雲が厚い様子でしたし、雪がちらついていましたが私たちは外に繰り出しました。

この最後の日は町の高いところに行ってみようと相談しました。
町の西の方に向かって歩いていくと、どんどんと坂が続いています。
足元が凍っており、雪も降っていたためかなり歩きづらかったですが、町を眺めることができるくらい高い位置に上がっていきます。

night

このように町の方を見てみると、真っ暗闇と町の明かりが広がっています。
オーロラが出ていれば「町の上に広がるオーロラ」としてかなり良い光景を見ることができると思います。
残念ながら私たちのときには全くオーロラを見ることのできる気配がありませんでした。

それでも最終日ということで、まだまだ諦めずに散策を続けました。
そのまま高台へ登っていくと、広い湖があるとホテルの受付の人に聞いていたのでそこへ向かいました。

湖と言っても、この冬の時期は凍って雪が積もっており、上を歩くことができました。
湖の真ん中まで行くと周りがかなり暗くなっており、オーロラを見るにはとても良さそうな暗さです。
氷と雪の上なので、とても寒かったですが3時間くらい散策しつつ過ごしました。

残念ながら、どれだけ過ごしても一向に晴れる気配がなかったので諦めてホテルに戻りました。
オーロラを見るための旅行はこのようにオーロラを見れないことも多々ありますので、覚悟は必要です。
余談ですが、私たちが訪れる2日前くらいにはオーロラが出たそうです。
観光地にある観光客が書き込むことのできるノートに「オーロラを見た!」と書き込みがありました。

次回の記事の内容


トロムセーで最大の目的だったオーロラを見ることができなかった私たちは、翌日オスロへ移動します。
これまでコペンハーゲンとストックホルムを訪れているので、北欧の首都の雰囲気を比べられました。
オスロはどのような町だったのでしょうか。
お楽しみに!