Contents

2020年1月13日10:46

オーロラを見に冬の北欧へ! 卒業旅行 in 北欧 8日目【ノルウェー(オスロ)】

旅行 英語 海外旅行
オーロラを見に冬の北欧へ! 卒業旅行 in 北欧 8日目【ノルウェー(オスロ)】



この記事では北欧旅行の8日目を書いていきます。
いよいよ旅も終盤に差し掛かってきました。
オスロを丸一日観光します。
翌日は帰国のため飛行機に乗ってしまいますので、実質最終日のようなものです。

ムンク美術館


munch-museum-entrance

ノルウェーで生まれたムンクの美術館が、ここオスロにあります。
ムンクは没したときにオスロ市へ作品の多くを寄贈したために、このムンク美術館にも数多くの作品が収蔵されており、しっかりと楽しむことができます。

中でも有名なのは「叫び」です。

munch-scream

自然から発せられる幻聴に耐えかねて、男が橋の上で耳を押さえている様子が描かれています。
私もこの旅行に行くまでは知らなかったのですが、「叫び」には4パターンがあります。
パステル、油彩など手法や色のバリエーションがあり、4つのうちの2枚がムンク美術館に飾られていました。

munch-scream2

そんなに人も多くはなく、じっくりと見ることができたので美術館巡りが好きな人はぜひ行ってみてください。
ムンク美術館を満喫した後は、オスロの街に繰り出しました。

オスロの街の散策


oslo-japanese

オスロの街を散策しました。 街を歩いていると、意外と日本語を目にすることもあります。

まずはみんなで一緒に街を歩きながら、あれこれ話して周りました。
流石に首都だけあって、都会的な施設がたくさんありました。
ショッピングモールでお土産を見たり、ちょっとしたものを食べたりしました。

その後、それぞれ3時間の個人行動を取ることになりました。
それぞれ、行ってみたい店に行ったり、街をひたすら歩きまわったりと思い思いに楽しみました。

oslo-building

これは街にあった建物です。
私は街を歩き回った後、カフェに入って休憩し、港を見に行きました。
北欧旅行中に感じたのですが、北欧は思ったよりもスリなどの犯罪の危険は低そうです。
もちろん、しっかりと注意をすることにこしたことはありませんが、北欧が初海外旅行だったためにビクビクしていた私にとってはありがたかったです。

個人行動を終えてホテルに18時に集合する予定でしたが、迷子になってしまいました。
私たちはWi-fiをレンタルしてインターネットに接続しており、このWi-fiはこのとき別の友人が持って行っていました。
そのためスマートフォンで地図を確認することもできず、困り果ててしまいました。

もはや、「どこかのホテルなどでWi-fiを使わせてもらうしかない」と思ったために、近くのホテルに入ってWi-fiを貸してもらいました。
そのおかげで集合時間からは10分ほど遅れてしまいましたが、無事合流することができました。

オスロでの夕食


オスロでの夕食は、「食事のできるバー」のようなところで食べました。
歩いている途中にある良さげな店に入ったのですが、歩いている途中に我らの「エゴン」も見かけました。
どうやら、エゴンはチェーン店のようであり、オスロにもあったというわけです。

エゴンには何回も行ったので、違う店にすることになりました。
そのバーのような店では、気さくな男性の店員が接客してくれました。
商品が届くたびに「おいしかったかい」と聞いてくれ、とびきりの笑顔で接客してくれたと思います。

全体的に丁寧に接客してくれたので満足でした。
今でも特にオスロは良いイメージがかなりあります。

次回の記事の内容


次回はいよいよ日本に帰国します。
お楽しみに!