Contents

2019年8月14日20:08

【モスクワ】ロシア旅行のレストラン・カフェ・お土産屋の一覧 / 訪れるとロシアを満喫できる店【サンクトペテルブルク】

旅行 ロシア語 海外旅行



この記事では、私がロシア旅行で訪れたモスクワとサンクトペテルブルクのレストラン・カフェ・お土産屋などの店を書き出します。
店の雰囲気だったり店の売っているものだったりそれぞれの店を紹介しますので、気になった店があればぜひ参考にして行ってみてください!!

私のおすすめはどちらもサンクトペテルブルクですが、「Teatro Cafe」と「文学カフェ」です!

ロシア旅行の模様:ロシア旅行1日目

モスクワ


振り返ってみると、モスクワでは意外とレストランやカフェなどの店に行かなかったことが悔やまれます。
初日の夜がプーシキンカフェ、2日目の朝がホテルの朝食、昼がマクドナルド、夜は持って行った軽食で済ませました。

カフェプーシキン


puushikin

カフェプーシキンはガイドブックでモスクワを見ていると、必ずと言っていいほど載っている店です。
内装はかつてのロシアを思わせるレトロな雰囲気が漂っており、ゆっくり食事を楽しみながら、雰囲気を味わうことができます。

puushikin

1階は少しカジュアルなエリア、2階は予約が必要なややフォーマルなエリアで、2階のほうが少し高級なメニューになっているようです。
少し雰囲気を楽しめれば良い人はカジュアルな1階に、本格的にコースを頼んでじっくりと雰囲気を味わいたい人は予約して2階に行くと満足できそうです。

私たちは少し遅い時間に予約なしで行きましたが、1階の席に座ることができました。
ロシアに到着した日だったのであまりお腹も空いておらず、ピロシキのようなパンを2つほどとカフェラテを注文しました。
少なめの注文ということもあり一人1000ルーブルもしないくらいだったかと思います(少し忘れてしまっています……)。

結論としては観光客向けの店ですが、とても良い雰囲気のある店なので、モスクワを訪れたときにはぜひ訪れてみてください!
事前に店の公式ホームページで予約など情報を確認してくださいね。

赤の広場から北東方向に徒歩圏内
最寄駅:メトロ トゥベルスカヤ、プーシキンスカヤ駅から徒歩2分
対応:英語メニューあり、英語対応あり
住所:26-A Tverskoy Boulevard, Moscow, Russia
電話:+7 (495) 739-0033
ホームページ: http://cafe-pushkin.ru/en/

グム百貨店


department-store

赤の広場のすぐ横にある高級百貨店です。
とても面積が広くて大きな百貨店で建築も豪華でおしゃれなので、中に入ってふらふらとウインドウショッピングをしているだけでも満足できるくらいのおすすめスポットです。
中は吹き抜けで開放的になっており、とても明るい雰囲気です。
フロアにはいろいろな高級な店が入っていたり、ちょうど良さそうなお土産屋があったりとどのような人でも楽しめそうなかんじです。

また、1階の道の真ん中に出店が出ているところもあり、アイスや飲み物などを買って飲んだり食べたりできるのもおすすめです。
私たちはアイスを買おうとしましたが、ワールドカップ期間中ということもあり人が多すぎたので断念しました。
たしか50ルーブルで有料ですがトイレもあるので、急にトイレに行きたくなったら立ち寄るのも良いでしょう。
赤の広場付近にはトイレがなかなか見つからなかったと記憶しています。

赤の広場のすぐ近く、徒歩圏内
最寄駅:メトロ オホトニ・リャト、テアトラルナヤ、プロシャジ・レヴォリュツィ駅から徒歩5分
住所:Red Square, 3, Moscow, Russia 109012
電話:+7 (495) 788-4343
ホームページ: https://gum.ru/

サンクトペテルブルク


サンクトペテルブルクではモスクワよりはいろいろな店を訪れることができました。
ワールドカップの試合を見る日はスタジアムでウインナーを買ったり、その後ネフスキー・プロスペクトのバーガーキングでハンバーガーを食べたりとどこでも食べられそうなものを食べることもありました。

スターバックス


starbucks

カザン聖堂の前にネフスキー・プロスペクト通りを挟んで1件と、カザン聖堂の西側のカザンスカヤ通りとネフスキー・プロスペクト通りの交わるところに1件あります。
スターバックスは日本にあるものとほとんど変わらないのですが、この2つのスターバックスはおすすめです。

理由は、サンクトペテルブルクを観光するときにちょうど良い位置にあることと、カザン聖堂が近いので見るついでに寄れるというところです。
また、比較的朝早くから営業していたので、到着時間が早くて朝ごはんに困ったときにも役立ちます。
私たちはサンクトペテルブルクの滞在中に3、4回利用しました。
メニューも日本にあるものとほとんど変わらないことから安心できるという点も良いポイントです。

カザン聖堂のすぐ近く、徒歩圏内
最寄駅:メトロ ネフスキー・プロスペクト、アドミラルテイスカヤ駅から徒歩5分
住所:Nevsky avenue, 26, Sankt-Peterburg, Russia 191186
電話:+7 (495) 229-2691
ホームページ: http://www.starbucks.ru/(ロシアのスターバックスです)

Sadko(サドコ)


sadko

ここはロシア料理店です。
赤を基調とした内装がクラシカルな雰囲気を漂わせています。
料理の値段は安くないが高すぎもしないといったところです。

リンゴジュースを注文したのですが、生絞りリンゴジュースが出てきて、とてもおいしかったです。
料理はボルシチ、豚肉を焼いたもの、ビーフストロガノフなどロシア料理を頼みました。
複数人で訪れることができるならば、それぞれ違うものを頼んでシェアするといろいろな料理を楽しめると思います。
しっかりとしたロシア料理店に意外と行く機会がないと思いますので、サンクトペテルブルクに行ったらぜひ行ってみてください。
余談ですが、トイレもすごくきれいで豪華でした。

マリインスキー劇場のすぐ近く、徒歩圏内
最寄駅:メトロ スパッスカヤ駅から徒歩15分
対応:英語メニューあり、英語対応あり
住所:Ulitsa Glinki, 2, Sankt-Peterburg, Russia 190000
電話:+7 (812) 903-2373
ホームページ: http://sadko-rst.ru/eng/

Teatro Cafe(シアターカフェ)


teatro-cafe

マリインスキー劇場の目の前にあるカフェ・レストランです。
私たちはSadko(サドコ)で食事を楽しんで周りを少し散策した後、休憩のために寄りました。

teatro-cafe

この店は、ここでご飯を食べれば良かったと思うくらい良いと感じる店でした。
私はコーヒーとチョコレートケーキを頼みましたが、かなりおいしかったです。
遅めの昼ご飯を食べている人もおり、見るとおいしそうなパスタでした。

写真を見てもらえればわかりますが、内装もきれい目でスタイリッシュなものになっており、快適にくつろげます。
そして、女性店員が対応してくれたのですが、笑顔で「ワールドカップを見に来たの?」などと話しかけてくれ、楽しく会話をすることができました。
全体的にかなり満足度の高い店だったので、ぜひ訪れてほしいという店です。

マリインスキー劇場のすぐ近く、徒歩圏内
最寄駅:メトロ スパッスカヤ駅から徒歩15分
対応:英語メニューあり、英語対応あり
住所:Ulitsa Glinki, 2, Sankt-Peterburg, Russia 190000
電話:+7 (812) 900-4488
ホームページ: http://teatrocafe.ru/

文学カフェ


literature-cafe

文学カフェはサンクトペテルブルクの中でもかなり有名なカフェです。
ロシアの有名な詩人・作家でもあるプーシキンが良く利用していたという逸話もあります。
そのため、入り口には等身大くらいの大きなプーシキンの人形が佇んでおり、観光客の写真撮影スポットになっています。
観光客も多いですがモスクワのカフェプーシキンとは異なり、地元の人も結構利用しているような雰囲気がありました。

内装はクラシカルな雰囲気の机とテーブルがまとまった雰囲気で整えられていますが、テーブルがやや小さめで客が多いときには少し圧迫感を感じることもありました。
しかし、ウエイターの対応がうまく、ほとんど気にならずに落ち着いた雰囲気で楽しめます。

更に、私たちを担当したウエイターは、笑顔がチャーミングなとてもサービス精神に溢れた人物で、かなり好感を持てました。
給仕は勿論そつなくこなしてくれましたし、英語を堪能に話していましたので、給仕の合間に「ワールドカップはどこの試合を見たのか?」や「サンクトペテルブルクは面白いか?」や「こっちの料理のほうがお勧めだぞ」など、いろいろと会話を楽しむことができました。
料理もボルシチやビーフストロガノフをおいしく食べました。
また、勧められた「チキンのサクサク揚げラズベリーソース」みたいな料理もおいしかったです。

総合的にロシアの滞在の中で一番楽しめたレストランだったと思います。
サンクトペテルブルクを訪れたときはぜひ予約して行ってみてください!

カザン聖堂のすぐ近く、徒歩圏内
最寄駅:メトロ アドミラルテイスカヤ駅から徒歩3分
住所:Nevsky avenue, 18, Sankt-Peterburg, Russia 191186
電話:+7 (812) 312-6057
ホームページ: http://litcafe.su/en/

Solo(ソロ)


ここは、私たちがお土産のマトリョーシカを購入したお土産屋さんです。
店内にはたくさんのマトリョーシカがありました。
マトリョーシカについて店員に聞いたところ以下の点によって値段が決まっているとのことでした。
マトリョーシカの価格の参考にしてください。

  • 小さいものより大きいものが高めなことが多い。
    これは、マトリョーシカの総数が増えるからです。
    小さいものだと3~4つのセットですが、大きいものだと7~8つのセットだったりします。

  • 大量生産品の図柄は安めなことが多い。
    図柄が画一的な大量生産品は比較的安いです。
    私が買ったものは1000~2000ルーブルくらいのものでした。
    それでも十分な品質ですし、イメージするマトリョーシカを買えるので、お土産として買う人にはこのようなマトリョーシカで良いでしょう。

  • 職人が描いたものは高めなことが多い。
    職人が丁寧に描いたものは1点ものもあったりするので、値段が高めの傾向です。
    私の友人は「高いものを買うぞ!」と言って、15000ルーブル(25000円)くらいのものを買っていました。
    流石にこのようなマトリョーシカは、絵がとても豪華で優雅な雰囲気です。
    更に、ひとつひとつがすごく丁寧に描かれており、内側の小さなマトリョーシカであってもはっきりとした絵となっています。
    そして、マトリョーシカの裏側に職人のサインが書いてあり、どの職人が制作したかわかるようになっています。
    せっかくロシアに行ったから思い出になるマトリョーシカを買いたい!という人はこのくらいのマトリョーシカを買うと思い出に残ることでしょう。

この店の良かったところは、マトリョーシカや他のお土産が充実していたことと、店内が明るい雰囲気だったことと、店員の話せる言語が名札に書かれていてわかりやすいことでした。
多くの店員が英語+もう一つの外国語を話すことができるようだったので、お土産についての説明をきちんと聞くことができました。

サービスも良かったのでお土産を買うならいくつか他の店も見つつここで買うのが良いでしょう。
ネフスキー通りにはいくつもお土産屋があるので見るのに困ることはありませんでした。

カザン聖堂のすぐ近く、徒歩圏内
最寄駅:メトロ アドミラルテイスカヤ駅から徒歩3分
住所:Nevsky avenue, 20, Sankt-Peterburg, Russia 191186
電話:+7 (962) 684-0767
ホームページ: http://souvenirboutique.com/